インフォメーション フュージョンからのお知らせ

2018-3-22

・幹細胞とは、
組織や臓器に成長する元となる組織で、
それぞれの臓器で固有に存在する。

・幹細胞には、
その由来や能力などから、幾つかの分類がされており、
主に胚性幹細胞(ES細胞)、成体幹細胞、iPS細胞などが挙げられる。

・幹細胞の中でも『間葉系幹細胞』は骨髄に存在し、
体の損傷部位を修復してくれる。

この『間葉系幹細胞』は、
加圧トレーニングを受けた山羊群と受けていない山羊とで比べると、
受けた山羊群のほうが明らかに多いことが確認された。
さらに、増殖培養速度が高まる結果も示された。

加圧トレーニング条件下に置かれた骨髄間葉系幹細胞は、
非加圧条件下の細胞よりも増殖しやすい結果が示されたことは
自己の分化系幹細胞の増幅反応を高めて、
自己治癒力効果の増幅を導く画期的な手段として期待される。